読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BlackChipぶろぐ

ゲーム作ったりしてます。レトロゲームが好き、HR/HMが好き、趣味のことなどの記事を書いていきます

iPhoneSEを買ったらAPN設定で苦戦した

今までAndroid端末で楽天ブロードバンドを使用していたが
今回iPhoneSEに乗り換えて楽天ブロードバンドのSIMを刺して使用としたがAPN設定で苦戦した。

今のiPhoneはAPNを手動設定できない

端末上で手動設定できないかわりに、プロファイルというものが存在する。
昨今のMVNOのAPN情報は各MVNO提供者がiPhone用のプロファイルを提供しているが、
楽天ブロードバンドはユーザー単位でAPN情報が個別の為、プロファイルを提供していない。

では、どうするか?

自分でプロファイルを作成する必要がある。

プロファイル作成のためのソフトウェア「iPhone 構成ユーティリティ」

iPhone 構成ユーティリティはMac版、Windows版ともに提供されていたが、
Windows版は提供しなくなっていた。
俺はWindowsしか持ってない。

では、どうするか?

iPhoneConfigUtilitySetup でググると2次配布物が色々見つかるのでそれを使う。

iPhone 構成ユーティリティが起動できない

早速インストールして実行してもエラーで起動できない。
これはiPhoneをアクティベートするときにインストールしていたiTunesと喧嘩してたみたいでした。
iTunesをインストールしたときに追加されたソフトウェアを全部アンインストールしてから
iPhone 構成ユーティリティをインストールするとうまくいった。

iPhone 構成ユーティリティが俺のiPhoneを認識してくれない

これにはまいりました。
せっかく作成したプロファイルをどうやって俺のiPhoneにインストールするか。
最初に試したのはファイラーをiPhoneにインストールして
自宅のファイルサーバーにプロファイルを置いて
それをインストールする作戦―――

失敗でした。
ファイラーからはプロファイルのインストールができなかった。

よく考えると通常の提供されているプロファイルは
Safariからプロファイルをアップロードされているページにアクセスしてインストールするというもの。

なら同じようにすればいい。
DropBoxなどのウェブブラウザ上からファイルにアクセスできるクラウドにアップロードすればよい。
設置したらSafariからアクセス。

無事プロファイルをインストールしてAPN設定完了となりました。



いままでiPhone触ったことなかったしあまり興味なかったから知らなかったんだけど、
たぶんiPhoneって難しいこととか複雑なことは簡単な操作でできるようにして行く生き物なのかな。
今回みたいになんとかやる方法はあったけど、逆に難しかったよ。Appleさん。

臭いを気にせず手を汚さず快適に樹脂染色を行う方法

樹脂染色には定番の樹脂用染料SDNを使うのですが、これがやるとなると
調理用とは別に専用の鍋を用意したりして、周りは汚れるし、手は汚れるし、
臭いがきついし、片付けめんどいしで、かなり重い腰を上げないとやれない作業なのですが、
これを手軽に汚れや臭いを気にせず染色する方法を考えました。

続きを読む

Pythonでexeファイルを作る!

Pythonってどうせ環境整えないと実行できないから

配布してもPythonのインストール強要しないといけないんでしょ?

って思ってましたが、意外と簡単にexeが作れちゃいました。

というわけで、exeを作るまでを簡単にまとめます。

 

続きを読む

レトロブライトの比較実験その1

レトロブライトをすると黄変の進行が速くなるという都市伝説をご存じですか?

にわかに信じがたいものですがネット上でそれを明確に証明しているものがないので比較実験を開始したいと思います。

f:id:blackchip:20160526002618j:plain

この2体が実験対象の本体です。

左がレトロブライトをしていない本体です。

1990年前後から所有しているものなのでレトロブライトをしていないことは確実です。

コントローラー、本体エンブレムの保護フィルムもついたままの状態の良いものです。

右が今回レトロブライトした本体で最近ハードオフで購入したものです。

これから1年後、2年後の状態の変化を観察したいと思います。

なのでこの2体は同じ場所に保管することにします。

それでは1年後に(覚えていたら)結果をお見せしようと思います。

ファミコン本体をレトロブライトした

定番の方法でワイドハイターEXに付け込み1週間日光に曝しました。

詳しいやり方はあちこちに記事があると思うので割愛。

というわけで写真で変化を比較してみました。

f:id:blackchip:20160525234740j:plain

f:id:blackchip:20160525234847j:plain

肉眼でよーく見ると気になる点があるけど、文字通り白くなったと言える出来栄え

左のやつは元々黄変が少なかったので漂白剤に付け込む日数が少なかったのですが、

右のやつは1週間付け込んだためか漂白剤の臭いが染みついてしまいました。

よくある方法として、レモン汁やお酢を塗るという方法ですが、これはアルカリ性の漂白剤に対して酸性の汁で中和するというもの。

ワイドハイターEXは酸性なので逆にアルカリ性のなにかで中和すればと思い手元にあったアルカリ電解水を使ってみることに。

キッチンペーパーをかけた上から吹き付けて数時間おいてみたところ、かなり臭いが軽減されました。

科学的なことはわかりませんが、中和されたってことでいいのかな?

そもそもアルカリ電解水が消臭の効果があるのでその効果かもしれませんが。

アルカリ電解水はお掃除に使うものでプラスチックにも問題なく使えるものなので

漂白剤の臭いが気になる人は試す価値がかなりあると思います。

ファミコンをmicroUSBで動くようにした

また改造をしました。

今回は3端子レギュレーターの回路なしでmicroUSBから電源をとります

モバイルバッテリーや充電用の5V 1Aのもので動いています。

このアダプターならコンビニや百均など、どこでも手に入るものなのでなにかと便利かもしれません。

f:id:blackchip:20160514020030j:plain

microUSBメスのコネクタは電子パーツ屋で買おうと思ったけど

買いに行くのがめんどくさくてダイソーに売ってたmicroUSBからLightningに変換するアダプターから毟り取りました。

ファミコン本体のシールを作った

本体からシールをスキャンしてそれをもとに加工しようと思ったが

きれいにできなかったのでフリーのフォントRounded M+を使って作り直した

一部濁点や文字の間隔は本物を見本に弄った。

印刷用紙は「エーワン インクジェットプリンタ ラベルシール 光沢フィルム」を使った

型番は「N28791」ってやつ

f:id:blackchip:20160510205447j:plain

f:id:blackchip:20160510205445j:plain

角を丸く切るのってどうやったらいいんだろう。

 

ラベル屋さんで作成したのでlcxファイルを置いておきます

ファミコンシール.lcx - Google ドライブ

似たフォントを使っただけでオリジナルとは異なるので注意してください

見比べればすぐわかると思います。